バイトで労災って本当?

アルバイト先でけがをしたのですが、まさかの労災がおりました。

 

アルバイトは引っ越しの荷物を運ぶ仕事をしていたのですが、一緒に運んでいた社員の人が手を滑らせ、そのまま荷物が私の方へとんできて、脚の小指に直撃しました。

 

 

 

激痛が走ったものの引っ越しを終わらせるわけにはいかないのでなんとか痛みを我慢しながらその日一日は乗り越えました。

 

 

 

ですが、仕事を終わらせてから足の指をみてみると、なんと小指が親指並みに腫れているではないですか!社員の人に見せると仕事後速攻で病院に連れて行ってくれました。痛みもそうですが、次の日から仕事が行えないことにお金の面と、他の人に迷惑をかける事で頭が一杯になっていました。

 

 

 

病院ではレントゲンを撮り、診察の結果はやはり小指の先端の骨を骨折していました。とはいえ、手術するほどでもなく、脚に負担を掛けないように生活をするという方法で治療をするらしく、足の先を地面に着けないような生活をしなければいけなくなりました。

 

 

 

ギブスで固定をすることをしないため、松葉杖を使用することになりました。脚をまともに着けず、しっかりと歩けるわけではないので、バイトをする事ができなくなってしまったのですが、社員の人からまさかの労災を申請しようと言う発言がありました。

 

 

 

労災と言うと正社員の人しか入れない制度だと思っていたのですが、アルバイトだろうがパートだろうがちゃんとした労働者な訳で、労災を申請する事ができるそうです。悪徳な会社では労災を申請できることを黙っているところもあるらしいのですが、それは間違いなく違法なため、それが発覚すると問題となってしまうそうです。

 

 

 

私が働いていたバイト先はそんなところでなくてよかったです。結局労災を申請したところ問題なく通りました。

 

 

怪我をした状況やけがの程度などを報告する位で、厳しく問われる事もなくスムーズに申請が通った様です。仕事が休みになってしまい、収入がなくなるのを心配していましたが、休んでいる期間の給料が一定分支払われますし、休んでいる事に対してのデメリットも何も無い様なので安心しました。

 

 

 

まだ脚は痛いですし、歩きにくいですが、しっかり骨がくっつくまでは無理しない様にしようと思います。アルバイトでも労災が下りる事を知っている人は案外少ないと思うので、少しでも知ってもらいたいとこんな日記を書いてみましたw参考になれば幸いです。